開店休業状態、ってか


 ドイツ映画『ベルリン・オブ・ザ・デッド』("Rammbock/SIEGE OF THE DEAD ")
 を見る。
 60分と短い映画ですが、話の展開はさておき、面白い。
 冒頭さえ上手くまとめるとピカイチになるかなぁ。

 『コーネル・ウェストが語る ブラック・アメリカ』を読了。
 勉強になります、はい。
 うむむ、というところか。
 
 張予思『革命とパンダ』(イースト・プレス、2015年)を開く。

 超不規則台風10号が直撃なり。


 最近はずっと facebook の更新ばかりなので、ブログの Journal は
 開店休業状態でした。
 はい。

滑っている感あり、ってか

 

 『コングレス未来学会議』("The Congress")を見る。
 予想通りの内容。
 いいたいことは深いけど、さて、それを映画で表現できているか?
 滑っている感じが、やや。

 矢作俊彦『傷だらけの天使』(講談社文庫、2011年)をゲットする。



 

突き抜けている、ってか


 韓国映画『The CAT』("ザ・キャット")を見る。

 村上春樹『夢を見るために 毎朝僕は目覚めるのです』(文藝春秋、2010年)
 を読み終える。
 やっぱり、ちゃうなぁ、この人は。 
 突き抜けている、っていうか、言葉では表現できないよな。
 うむ。

久方ぶりの残暑見舞い、ってか


 池上彰『池上彰と考える、仏教って何ですか?』(飛鳥新社、2014年)
 を開く。
 まあ、こんなモノですかねぇ。
 
 久方ぶりにプリンターを動かす。
 何年か振りで「残暑見舞い」なるものを書く。
 カリカリ。

ハズレばかり、ってか


 『泥棒は幸せのはじまり』("IDENTITY THIEF ")
 を見る。
 ちょっと期待してましたけど、やっぱりボツ気味。
 最近、ハズレばかり。

天才の域、ってか


 小田嶋隆『超・反知性主義入門』(日経BP、2015年)
 を読了。
 やっぱり、この人、天才の域ですね。
 うむ。

エビデンス、ってか


  『エビデンス ―全滅―』("EVIDENCE ") を見る。

写真の編集第一段階終わる、ってか


 英国映画『皆殺しの流儀』("WE STILL KILL THE OLD WAY ")
 を見る。
 
 写真の編集、第一段階を終える。
 ふぅ~。
 ようやく、っていうかんじ。
 しばし頭と身体を冷やさねば。
 これで8%ぐらい終わったかな。

 

リピーテッド、ってか


 『リピーテッド』("BEFORE I GO TO SLEEP ")
 を見る。

 

中国映画、ってか


 中国映画『ウルフ・オブ・ウォー』("WOLF WARRIOR/戦狼")
 を見る。

 

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2