ビルマイベント情報の最近のブログ記事

 
 明日、久しぶりに名古屋でビルマの話をします。
 
 今年最後のイベントです。
 
 ちょっと力を入れて話をしたいと思います(たぶん、ちょいと暴走気味に)
 
 --------------------

 ビルマ総選挙とアウンサンスーチー氏解放の現場から

 ―フォトジャーナリスト宇田有三さんに聞くー

 11月13日、ビルマの民主化運動指導者 アウンサンスーチー氏が、
 7年5カ月ぶりに自宅軟禁から解放されました。その様子は多数の
 報道が取り上げ、変わらぬ人気を伝えていました。
 
 解放を心待ちし、その姿を一目見ようと雪崩をうって駆けつける、
 喜びに満ちた人また人。
 
 その人垣に潜む公安関係者、気になる動き。
 
 NLD事務所前の演説で、「私も皆さんが好きです」とビルマ語メッセージを
 掲げ、人々の支持と期待に応え共に行動しようと呼びかけるスーチーさん、
 軍政との対話成るのか。

 スーチーさん解放に先だって行われた、軍政主導の20年ぶりの総選挙、
 その行方は。2200人以上にのぼる政治囚の解放は。
 
 ビルマ国内に潜伏し、その現場を取材して来られた宇田さんのタイムリーな
 報告会です。

 民主化への遙な道のりに挑戦し続ける、スーチーさんとその支持者たち、
 私たちに今何ができるのか、あらためて考えてみる良い機会です。
 年の瀬のあわただしい時期ですが、多くの皆様のご参加をお待ちいたします。

 
 ◇日時:2010年12月25日(土)18:00~20:30
 
 ◇場所:名古屋市女性会館・2F第3研修室           
 (TEL:052-331-5288)                     
 地下鉄「東別院」下車1番出口東へ徒歩4分           
 
 ◇主催:日本ビルマ問題を考える会                  
   海部郡蟹江町蟹江本町川西61                   
   (大隅良務:TEL:0567-96-8076) 

 宇田有三(うだゆうぞう)
 1963年生まれ。フリーランス・フォトジャーナリスト。
 90年教員を経て渡米、ボストンで写真を学ぶ。
 中米の紛争地エルサルバドルの取材を皮切りに活動開始。
 軍事政権・先住民族・貧困などをフォーカス。平和・共同ジャーナリスト基金奨励賞。 
 日本ジャーナリスト会議・黒田清新人賞。『ビルマ軍政下に生きる人々』、
 『閉ざされた国ビルマ』(高文研)等の著作。
 
 --------------------

 ------------------------------------------------

     ◎◎ 虹サロン開催のご案内 ◎◎

 宇田有三さんを迎えて:ビルマ(ミャンマー)最新事情報告

 ------------------------------------------------

軍事政権の続くビルマ(ミヤンマー)では、先日、民主化運動指導者の
アウンサンスーチーさんが7
年ぶりに自宅軟禁を解かれて釈放されたことが、
日本でも報道されました。

日本とは歴史的にも深いつながりのある国ですが、その実情はあまり伝えられて
いません。

フォトジャーナリストの宇田有三さんは、18年間にわたりビルマの現地取材を
継続していますが、今回は、「近くて遠い国“ビルマ(ミヤンマー)”の実情を知る
絶好の機会ですので、ぜひお越しください。

なお、軍事政権下の都会や田舎で暮らす人びと、僧侶や学生など各階層の人びとの
姿を活写した写真を選び「宇田有三写真展:ビルマー軍政下に生きる人びと」写真展も
同時開催中ですので、合わせてご覧ください。

          ― 記 ―

◆とき: 12月18日(土)3時~5時
◆ところ: 喫茶&フリースペース「虹」(南海電車高石駅前3分)
      (高石市加茂1-20-2 グリーンモールたかいし1F) 
       電話:072-265-2021
◆参加費: 無料
◆主催: NPO法人大阪虹の会〒592-0002高石市羽衣4-3-27)  

 -------------------------------
 〒592-0002
 大阪府高石市羽衣4-3-29
 tel&fax:072-265-7803
 e-mail: osakanijinokai@gmail.com
 --------------------------------


◎「閉ざされた国ビルマ」 の 今

 ◇日時:12月25日(土) 18:00~20:30
 ◇場所:名古屋市女性会館・2F第3研修室
    :中区大井町7-26
     地下鉄「東別院」下車1番出口東へ徒歩4分
    :TEL:052-331-5288

 ◇主催:日本ビルマ問題を考える会(大隅良務)                 
     海部郡蟹江町蟹江本町川西61

 --------------------
 11月13日、ビルマの民主化運動指導者 アウンサンスーチー氏が、
 7年5カ月ぶりに自宅軟禁から解放されました。
 その様子は多数の報道が取り上げ、変わらぬ人気を伝えていました。

 解放を心待ちし、その姿を一目見ようと雪崩をうって駆けつける、
 喜びに満ちた人また人。
 その人垣に潜む公安関係者、気になる動き。

 NLD事務所前の演説で、「私も皆さんが好きです」とビルマ語メッセージを掲げ、
 人々の支持と期待に応え共に行動しようと呼びかけるスーチーさん、軍政との
 対話成るのか。

 スーチーさん解放に先だって行われた、軍政主導の20年ぶりの総選挙、
 その行方は。
 
 2200人以上にのぼる政治囚の解放は。
 ビルマ国内に潜伏し、その現場を取材して来られた宇田さんのタイムリーな
 報告会です。
 
 民主化への遙な道のりに挑戦し続ける、スーチーさんとその支持者たち、
 私たちに今何ができるのか、あらためて考えてみる良い機会です。
 年の瀬のあわただしい時期ですが、多くの皆様のご参加をお待ちいたします。
 --------------------

 



 ◎宇田有三さんとビルマを考える会

 最近のビルマ情勢を「閉ざされた国ビルマ」(高文研)の著者の情報を
 基に考えます。

 ※講演・話し合いは14時~16時予定
  日時 2010年12月11日(土) 13時から17時
  場所 松江市市民活動センター(STICビル) 4階401研修室
  参加費1000円(資料・ビルマへの封書・切手代を含む)
  主催 アムネスティ松江グループ有志、他会員
  問い合わせ先 入井 携帯09037420632

 http://www.amnesty.or.jp/modules/piCal/index.php?action=View&event_id=0000002954&frmtp=1
 --------------------------------------------------

「ジャーナリズムフェスタ2010」開催

 「ジャーナリズムフェスタ 2010」の第2部で、
 ビルマのこと、ジャーナリズムのことを話をします。

 --------------------

 
"Journalism Festa 2010"

  ─デジタルメディアでジャーナリズムは進化するか?─
 
 「ジャーナリズムフェスタ2010」では、デジタルメディアが拡大、
 進化する一方で、多様化と個人化がより一層進むというメディア変革期を
 迎えたいま、独立系の表現者にとってこの機をチャンスとすることが
 できるのか、またチャンスとするために必要なことは何かを探ります。

 http://journalism-festa.com/

 --------------------
 2010年11月27日(土) 12:00~20:00(開場12:00)
 大阪市立住まい情報センター 3階ホール
 大阪市北区天神橋筋6丁目4-20
 定 員: 300名
 参加協力費: 一般1,000円、学生500円 入替えなし、入退場自由
 主 催:ジャーナリズムフェスタ2010実行委員会
 協 賛:アジアプレス大阪事務所、新聞うずみ火、
     自由ジャーナリストクラブ(JCL)、
     DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ
 後 援:ジャーナリスト・ネット
 協 力:市民社会フォーラム
 お問合せ : アジアプレス大阪事務所
 Tel(06) 6373-2444  e-mail info@journalism-festa.com
 --------------------


 ブログへの書き込みが滞ってます。
 すいませんです。
 ま、来週半ばぐらいからぼつぼつ再開したいと思います。
 
 この間、もっぱらツイッタ ー ( http://twitter.com/udashan ) で
 お気軽書き込みを続けてました。
 
 まずは帰国一発目の報告会です。

 --------------------------------------------------

 緊急報告会:
 
 <ビルマ総選挙とアウンサンスーチー氏解放の現場から>
 
 ・軍政主導で行われた20年ぶりの総選挙、7年半に及ぶ自宅軟禁
  から解放された民主指導者スーチー氏を待望するビルマ市民たち。
 ・一方、スーチー氏を迎えて沸き立つ人びとの間に潜む公安関係者。
 
  それらの様子を間近で見て来たフォトジャーナリスト宇田有三さんの
  帰国後初めての報告会。
 
 ビルマから持ち帰った現地の新聞や投票用紙(サンプル)なども見せて頂きます。

 主催:阪南大学 守屋友江(tmoriya@hannan-u.ac.jp
 共催:日本ビルマ救援センター

 ■日時:11月26日(金)19:00~20:30
 ■会場:阪南大学サテライト/中小企業ベンチャーセンター
    (大阪市中央区高麗橋4-2-16 大阪朝日生命館6階)
 http://www.hannan-u.ac.jp/venture/st9plj0000001cxi.html
 京阪本線・大阪市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅12番出口下車すぐ
 *「BRCJ月例ビルマ問題学習会」と異なります。ご注意ください。
 ■申し込み:不要
 --------------------------------------------------

写真展のお知らせ

 ◆◆━◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           仏教国ビルマ
    アウンサンスーチーと彼女を支えた家族の写真展

      2010年11月6日(土)〜11月14日(日)
          西本願寺・聞法会館
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆━◆◆

 浄土真宗本願寺派教学伝道研究所では、今年度より世界に拡がっ
 ている仏教から何が学べるか、仏教という宗教がそれぞれの国、
 地域でどの様な役割を果たしているかを知ることによって、日本
 の仏教、ひいては浄土真宗のあり方を自省し、念仏者の今後を考
 える企画を進めています。

 この度、ノーベル平和賞受賞者であるビルマのアウンサンスーチー氏
 の写真展を後援することになりました。約30点写真は、アウンサン
 スーチー氏が青春期を過ごしたイギリスでの様子から、ノーベル平和賞
 受賞前後の家族を中心とした写真で構成されています。

 また、仏教国ビルマの日常を長年撮り続けてきた宇田有三氏の写真も
 併せて展示いたします。信仰に生きる人々の暮らしや、風景を通して
 仏教国ビルマを知り、同じアジアの仏教徒が抱える問題について考
 える機会としていただきたいと思います。

  ●名称 仏教国ビルマ
      アウンサンスーチーと彼女を支えた家族の写真展
  ●日時 2010(平成22)年11月6日(土)〜11月14日(日)
      9:00〜20:00 (最終日は17時まで)
  ●場所 西本願寺 聞法会館1階 ロビー
      京都市下京区堀川花屋町上ル  Tel 075-342-1122
      http://monbou.jp/
  ●主催 ビルマ応援の会
      http://www.biruma-oen.net/
  ●後援 浄土真宗本願寺派教学伝道研究センター
     http://crs.hongwanji.or.jp/kyogaku/


ビルマ僧との対話集会


 ビルマ僧との対話集会 ~ ビルマと日本の関係を考える ~

 
 映画「ビルマVJ 消された革命」の舞台となったラングーンでの大規模民主化デモに
 参加したアシン・ターワラ師を迎えて、対話集会を開催します。

 関西で活動しているNGOとジャーナリストによる報告もあります。
 ビルマと日本がどのように関わりをもっているのか、私たちにできることは何か--。
 ぜひ、足をお運び下さい。

 
 また、京都シネマで10月2日~8日に上映されるのにあわせて、10月3日(日)
 上映終了後にアシン・ターワラ師による舞台挨拶があります(通訳付)。
 こちらもぜひどうぞ!


 *下記はいずれも通訳付、無料です。事前申し込みは必要ありません
 が、10月2日の大阪会場は席に限りがあるため、ご容赦下さい。

 [大阪]
 日時 10月2日(土)午後6時~8時
 場所 阪南大学サテライト
   (大阪市中央区高麗橋4-2-16 大阪朝日生命館 6階)
 http://www.hannan-u.ac.jp/venture/st9plj0000001cxi.html
 京阪本線・大阪市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅12番出口下車すぐ

 [京都]
 日時 10月3日(日)午後6時30分~8時30分
 場所 キャンパスプラザ京都 第4講義室
    (京都市下京区西洞院通塩小路下る)
 http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585
 近鉄・JR・京都市営地下鉄「京都駅」下車。烏丸中央口より西へ
 すぐ。ビックカメラ向かい。京都中央郵便局西側

 [講師]
 ◆アシン・ターワラ師
 1984年、イラワディ管区で農家に生まれる。2003年、ダンマサリヤの
 試験に合格するが、アウンサンスーチー氏と会ったことを理由に資格剥奪。
 2007年9月19日に結成された全ビルマ僧侶代表委員会の書記長となり、
 ラングーン市内を市民とともに行進する。

 その後、当局の追跡を逃れて国内で潜伏し、2008年1月にバングラデシュ
 国境を越えてダッカのUNHCR事務所で政治亡命を申請。
 
 現在はインド・ニューデリーを拠点に、全ビルマ僧侶代表委員会書記長
 として民主化活動を国外から支えている。

 ◆日本ビルマ救援センター(BRC-J)
 1988年からビルマ民主化と難民支援を行っている関西のNGO。
 難民の女性たちによる織物の販売をはじめ、難民キャンプへの衣類やメガネの
 提供などの支援活動、各地でバザーやイベントでの出店、セミナーを開催。
 http://www.brcj.org/

 ◆宇田有三氏
 過去18年に渡ってビルマを取材し、『閉ざされた国ビルマ―カレン民族闘争と
 民主化闘争の現場をあるく』(高文研)を出版。
 ビルマ国境地帯とビルマ国内を共に長期的に取材した経験を持つ、世界的にも
 数少ないフォト・ジャーナリスト。
 http://www.uzo.net/

 [参考]
 ◇「ビルマVJ 消された革命」
 2007年にビルマで起きた大規模民主化デモと弾圧の映像を命がけで撮影し、
 世界へ向けて発信したビデオ・ジャーナリスト(VJ)たちの奮闘が描かれる。
 アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門
 ノミネートのほか、150以上の映画祭で40以上の賞を受賞。
 http://www.burmavj.jp/

 ◇『ビルマ仏教徒 民主化蜂起の背景と弾圧の記録』
 2007年、ビルマで起きた大規模民主化蜂起における、軍事政権に対する仏教徒の
 抵抗の背景と弾圧の実態を、証言記録を基に明らかにする。
 編訳・守屋友江、翻訳協力・ビルマ情報ネットワーク、ダニエル・シーモア、
 解説・根本敬
 http://www.akashi.co.jp/book/b66133.html


 [主催・問い合わせ先]
 阪南大学 守屋友江
 大阪府松原市天美東5-4-33
 E-mail: tmoriya@hannan-u.ac.jp

ビルマ(ミャンマー)と日本・今治

 
 《 ドキュメンタリー上映・講演会:ビルマ(ミャンマー)と日本・今治 》

 ─2007年9月、ビルマ国軍の凶弾に倒れた日本人ジャーナリスト・長井健司さん
 の故郷・愛媛県今治市でのビルマ・イベントです─
 

 日時:2010年9月26日(日) 13:00~15:30

 13:00 開会
 13:05~14:15 ドキュメンタリー「ピュア」上映 
           制作者ココラット氏による解説
  
 14:15~15:15 スライド上映および講演「ビルマの今と日本」
          宇田有三

 15:15~15:30 質疑応答
 15:30 閉会

 会場: 第55番札所 南光坊 本堂 (今治市別宮町3-1) 

 入場無料: ご自由にお越しください。

 --------------------
  講師紹介:

  ■ココラット 氏  
  SCDBビルマ民主化支援会代表
  元全ビルマ高校学生連盟書記長

  ■宇田 有三 氏
  フォトジャーナリスト ビルマ取材18年。長井さんが殺害された直前、
  直後にもビルマで取材。著書『閉ざされた国ビルマ―カレン民族闘争と
  民主化闘争の現場をあるく』(高文研)写真集に『ビルマ軍政下の人びと』
  など。

 --------------------
 ドキュメンタリー「ピュア」紹介: 

 軍独裁政治が続くビルマから、たくさんの人が国境を越えて難民に
 なっています。
 この映像は、2010年2月、タイ-ビルマ国境のメラウン難民キャンプで
 撮影されました。
 キャンプの学校教育を中心に、難民の暮らしを取材。明るく元気な小学生、
 将来を考えは じめる中学生、世界が見えてくる高校生。ピュアな子ども
 たちの姿にカメラが向き合いました。

  企画・撮影 : ココラット
  製作 :  SCDB(ビルマ民主化支援会)
  音声 : ビルマ語、日本語
  字幕 : 日本語
  映像 : カラー、45分

  予告編はSCDBウェブサイトで視聴できます。
  http://www.scdb.org/event.html


  連絡先: 今治明徳短期大学 市川ひろみ
  hiromii@ma6.seikyou.ne.jp

  *************


 ココラットさんから案内が届きました。

 --------------------

 ビルマ難民ドキュメンタリー 『ピュア』 上映  広島

 とき : 8月22日(日) 15:00~17:30
 ところ: はすがおか幼稚園  清風メモリアルホール
            (広島市安佐北区口田2丁目1-2)
            http://hasugaoka-kids.jp/annai/index.html


 ●映画上映45分 / ココラットさんのお話45分 / 質疑

 協力券 : 1000円 (高校生以下無料)
 主催 : ビルマの僧侶と連帯する仏教徒の会
 http://www.burma-buddhist.com/
       メラウーキャンプ教育支援の会
       SCDB( ビルマ民主化支援会)

 協賛 : 沼田組・教蓮寺・アムネスティーひろしま・海と風と光の会
       広島部落解放研究所宗教部会・真宗遺族会広島地方支部
       念仏者九条の会・備後靖念会・甘露の会

 問い合わせ ココラット info@scdb.org  小武正教 mail@saizenji.com
 ======================================
 ドキュメンタリー
 『 ピュア ビルマ難民キャンプの子どもたち 』
 ======================================
 長きにわたって軍事独裁政治が続くビルマ。
 多くの人々が国境を越えて難民になっています。
 この映像は、2010年2月、タイ-ビルマ国境の
 メラウン難民キャンプで撮影されました。
 
 キャンプの学校教育を中心に、難民の暮らしを取材。
 外界から閉ざされた山中で、苦しい状況にありながら、
 素直で純粋な子どもたちの表情。明るく元気な小学生、
 将来を考えはじめる中学生、世界が見えてくる高校生。
 ピュアな子どもたちの姿にカメラが向き合いました。
 
 企画・撮影 : ココラット
 製作 :  SCDB(ビルマ民主化支援会)
 音声 : ビルマ語、日本語
 字幕 : 日本語
 映像 : カラー、45分

 ドキュメンタリーの予告編をSCDBウェブサイトから
 ご覧いただけます。 http://www.scdb.org/event.html

 ========================================
 ビルマ民主化支援会(SCDB)
 http://www.scdb.org/  
 info@scdb.org
 〒460-8691 名古屋中郵便局 郵便私書箱174号 SCDB           
             
==================================================

 ==================================================================

 第93回みみの会 ご案内

 ビルマ全土を歩いたフォトジャーナリストが明かす──
 「閉ざされた国ビルマ」の今

 ==================================================================

 東南アジア最後の独裁政権国家ビルマ(ミャンマー)では軍部による圧政が
 続いています。

 民主化指導者アウンサンスーチー氏は自宅軟禁に置かれたままです。

 14万人に及ぶ犠牲者を出したサイクロン災禍(2008年)、僧侶のデモと国軍の
 衝突や日本人ジャーナリストの射殺事件(2007年)は日本でも報道されました。

 衝撃的に見えたビルマの混乱から数年──。

 ビルマは今どんな状況にあるのでしょう。

 一般の市民生活は? ビルマに関して、私たちに知らされていないことがたくさん
 あります。
 
 同国の政治的状況や「少数民族」の実態、そしてビルマと日本との関わりについて、
 18年間かけてビルマ全土を歩いたフォトジャーナリスト宇田有三さんに、お話をう
 かがいます。

 プロフィール:うだ・ゆうぞう

 Website: http://www.uzo.net/
 Blog: http://blog.uzo.net/

 1963年神戸市生まれ、在住。
 1990年渡米、フォトジャーナリズムを学ぶ。
 95年、神戸大学大学院国際協力研究科修了。
 98年、「平和・協同ジャーナリスト基金 奨励賞」 受賞。
 2002年、「日本ジャーナリスト会議(JCJ)第1回黒田清新人賞」授賞。
 写真コンテスト入賞や個展多数。著書に『ビルマ軍事政権下に生きる
 人びと 1993-2005』(写真集、解放出版)などがある。

 日 時:7月7日(水)午後7時~午後9時(受付は6時30分より)
 会 費:1,000円
 会 場:東京都しごとセンター 5F 第2セミナー室(定員51名)
 地 図: http://www.tokyoshigoto.jp/traffic.php

 交 通:飯田橋駅から:JR中央線「東口」より徒歩7分
 /都営地下鉄大江戸線/東京メトロ有楽町線・南北線「A2出口」より
 徒歩7分/ 東京メトロ東西線「A5出口」より徒歩6分
 ▽水道橋駅から:JR中央線「西口」より徒歩8分
 ▽九段下駅から:東京メトロ東西線「7番出口」より徒歩8分
 東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線「3番出口」より徒歩10分
 ==================================================================

 みみの会は、出版関係者を中心とした勉強/交流の会です。
 どなたでも参加いただけます。この案内の転送も歓迎します。

 お問い合わせは: はる書房 さくま Tel/03-3293-8549
 メール: ootomi@mist.ocn.ne.jp
 みみの会について: http://d.hatena.ne.jp/miminokai/about

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2