「ミャンマー観光年」

| コメント(1)


 1996年は「ミャンマー観光年」であった。
 
 ビルマ軍政は、外貨稼ぎのため、各地の観光地の整備を急いでいた。
 
 ビルマでも有数の観光地であるチャイトー山の「チャイティーヨ」は、
 そう、あの「ゴールデン・ロック」で有名な所である。

 1996年の雨季、観光客が一人もいないチャイトー山へ登ってみた。
 道路は封鎖されていた。
 工事用のトラックに同乗して、山の頂上まで行ってみた。

 黄金の仏塔(パゴダ)が、しっとりと雨に濡れていた。

 翌朝、朝5時半過ぎから人が働く様子がうかがえた。
 仏塔に通じる参道を整備するする人たちが、激しい雨の中、レンガ運びを
 続けていた。

 96bur039.jpg

 女の子も、雨に濡れながら、レンガを運んでいた。
 
 そんな苦労もあって、観光地が整備されてきたということもある。

コメント(1)

ミャンマー人を騙すK商事のような悪徳業者は日本の恥で、絶対許せない。

********************
投稿には具体名が記述されておりましたが、その内容の正否を確認しておりませんので、記述の内容を一部変更しました。投稿の事実をアップする次第です。
(ウダ)
********************

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.0.3