深夜の「こむら返り」

| コメント(2)

 
 深夜、いきなり右足のふくらはぎが攣る。
 いわゆる「こむら返り」である。
 うう、痛い (∋_∈)
 約半時間ほど、七転八倒、唸る。
 
 と、ほどなく寝入ってた。
 
 
 6時過ぎ、目が覚める。
 左足の甲にひっかき傷と生傷が。
 うっすらと血がにじんでいる。
 
 どうやら半分寝ぼけ眼で、こむら返りの痛みを耐えるために
 自分でかきむしったようだ。
 あれま。

 
 タバスコぎんぎんのチーズトーストを喰らい、アイスコーヒーを飲む。

 
 朝のルーティーンをちゃっちゃと終え、写真のセレクトに取りかかる。
 
 ひたすらライトボックスのスライド写真をチェックする。
 或いはモノクロ写真のコンタクトシート(ベタ焼き)を眺める。
 
 時に、あっ、こんな写真を撮ってたんだと自分でもびっくり。
 記録されたものだけが記憶される(@宮本)というのを実感。

 しかも、この言葉に、今起こっていることを「伝える」という役割をどう付け
 加えればよいのか。
 フムムと考える。

 
 昼は野菜餃子とカレーコロッケを喰らう。
 

 午後は、相変わらず写真のスキャン作業。
 単調だなぁ。

 
 午後5時過ぎ、作業の手を止めてゴロリ。
 知らぬ間に寝入ってた。

 
 夜、いくつか電話あり。
 ぼんやり頭で応答する。
 
 ラップトップを立ち上げるが、そのまま寝入る。

 背中にゴツゴツ当ってちょい痛い孟宗竹シーツ上で熟睡なり。
 

コメント(2)

こんにちは。

脚がつるのは、水分や水中の電解質が足りない証拠だと聞いたことがあります。ちょっと脱水気味なんじゃありませんか? スポーツドリンクみたいなものを飲むといいかも。真水じゃだめだそうなので、塩と砂糖をほんの少しずつ解いて…


 エアコンをつけて寝入ってしまうので、部屋の空気が乾燥してしまう
 のかもしれません。

 水分は気をつけて摂ってるのですが・・・。
 
 何かに追いかけられているような悪夢を見て、思わず足を踏ん張った
 → 足をつる、という思いがあるのですが。

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.0.3