旧日記(Old Journal)の最近のブログ記事

スーパームーン、ってか


 この間ずっと、寝起きがつらいのよね。
 いつまでたっても治まらない50肩の痛みと悪夢である。
 いい加減、安眠を確保したいもんだ。

 ルーティーンをとっとと済まし、写真編集を終える。
 ふぅ~、とひと息。

 移動用ファイルの整理に取りかかる。
 
 今宵はスーパームーンだとか。
 月が昇る位置がちょいと外れている。
 が、なんとか撮影。
 ほんと、でかい月だ。

28_09_2015_DSC2357.jpg

 こういうのって、高解像度の画面で見ないと、全面の市街地の微妙な濃淡は分からない。

 『小野寺の弟・小野寺の姉』を観る。
 結構、面白い。
 キャラクターのせいだろうか。

 インターネット上に、【NHKスペシャル】(2015-09-27)
 山崎豊子特集をやっていた。
 
 が、考えることあり。
 ──戦争と誠実に向き合う、とは戦友を弔うことか?
 ──今の繁栄は、あの犠牲があったから、か?
 ふむ。

 

新聞好きなのに、ってか

 
 今日は曇り空の春の日。
 昨日までの雨で桜も散り気味。

 ようやく新聞の切り抜き終わり。
 今回は昨年10月28日まで遡った。
 いつもは3~4ヶ月分の切り抜きだったから、今回はちょっとためた。
 その分、消費される情報と残しておきたい記事がはっきりとわかった。
 この間、やっぱりいろんなことがあった。
 指が真っ黒。

 新聞好きの自分が、新聞の切り抜きをしていて苦しい。
 ここまでなったのな、と。
 メディアとしての新聞は、具体的な処方箋ではもう
 後戻りできないところまで来ているようだ。
 どうすればわからない。
 この間、ずっと考えていることだ。

 話は変わるが、例えば、自分は主に写真を撮ることを
 活動のメインとしている。
 その理由は、言語には限界があり、映像は言語・国境・
 民族などを超えて伝え易いという利点があると思っていた。

 だが、そうではないことに薄々と気づき始めている
 からだろう。
 うう、考えすぎて、頭が痛い(>_<)


 《審議会に専門家がいない》
 新聞の切り抜きを改めてみて、こういう「審議会の問題」をもっと深
 くツッコんで欲しい(してたらゴメンナサイ)

 ツッコんでいかないから、読み応えがない、一過性の紙面となる。
 だから新聞紙面が締まらない。

 mainichi_26_03_2015.jpg
 

Old Journal (旧日記)

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2