在日ビルマ(ミャンマー)の人は今

 今回の投稿は、在日ビルマ(ミャンマー)の人、ビルマ(ミャンマー)を
 支援する日本の人向けとなるでしょうか。

 こんな書き込みのシェアが回ってきました
 (一部抜粋)

 《ミャンマーだけに問題解決を要求して、率先して解決策を提案した国や
  団体は未だに出てこない。
 ミャンマー軍=悪人、ロヒンギャ=可哀想のストーリーで報道される現状を
 見ると、ミャンマーに問題を起こしミャンマーの発展を阻害しようとしている
 いるしか見えない。
 欧米諸国によりヨイショされたアウンサンスーチー女史も梯子を外されて
 格好で、昨年の外交デビューした頃の面影はない。》

 このシェアだけ見ると、日本とビルマ(ミャンマー)との関係が完全に見過ご
 されています。
 また、この内容だと、ロヒンギャ問題に関して、丁寧な議論ができないようにも
 思えます。
 自分たちの足元の活動の不十分さが見えていませんから。

 本題です。
 この「ロヒンギャ問題」は、昨年10月から様相が変わりました。
 特に政府に「テロリスト集団」と認定されたグループが表になって出てくるように
 なってからです。
 それは、疑いようもなく、多くの人が一致する事実です。

 もうひとつ、アウンサンスーチー氏は、事実上、ビルマ(ミャンマー)の代表者
 といっても、国防省・国境省・内務省は国軍最高司令官の管轄下にあります。
 これも多くの人が認める事実です。

 つまり、今、バングラデシュ国境で起こっている事態は、国軍最高司令官
 ミンアウンフライン上級大将が責任を負っています。

 じゃあ、そこで、そのミンアウンフライン上級大将は、何をしているのか?
 私の知る限り、その上級大将は8月上旬、日本を訪れています。

 日本では、京都で物見遊山の金閣寺見物、隅田川では遊覧船に乗って
 観光を楽しんでます。
 これが、今回8月25日の事件が起こる直前、ビルマ(ミャンマー)の
 国軍最高司令官の姿です。



 そこで、日本政府は、昨年から危なくなっている、この「ロヒンギャ問題」に
 関して、非公式にでも協議したのでしょうか?
 私は、聞き及びません。
 知っていたら教えて下さい。

 また、在日のビルマ(ミャンマー)人たちは、司令官の訪問に対して、何らかの
 アクションを起こしたのでしょうか?
 それも、聞ききません。

 以前、テインセイン元首相が日本を訪問した際、在日ビルマ(ミャンマー)の
 活動家(?)/抗議者は、テインセイン元首相が泊まっているホテルの正面玄関
 に掲げられたミャンマー(ビルマ)国旗を降ろし、別の旗(NLD旗?)に、こっそり
 取り替えました。
 そういう行動を起こしていました。

 ところがです、バングラデシュとビルマ(ミャンマー)国境を管轄している
 ミンアウンフライン上級大将が日本に来ていた時、何もなかったようです。
 在日のビルマ(ミャンマー)は、ロヒンギャ問題に賛成であれ、反対であれ、
 何か意思表示をしましたか?
 私は知りません。

 以前、軍政時代は、民主化活動のために、在日のビルマ(ミャンマー)の人たちは
 地道な活動をしていました。

 私が思うに、今は何かあった時だけ「華々しく」動き、自分たちの社会(←ビルマ/
 ミャンマー社会のこと)をよりよくしようとする、ビルマ(ミャンマー)の人の
 積極的な姿が今、見えません。
 関西にいる私が見えていないだけかも知れません。
 それならスイマセン。

 どうやら(一部の)みなさんは、他のことに忙しいようです。
 (*註 私の知っているビルマ〈ミャンマー〉)の友人・知人の人たちの多くは、
      地道な活動をしています。
      誤解なきよう)

このブログ記事について

このページは、Yuzoが2017年9月11日 13:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アウンサンスーチー氏批判について、ってか」です。

次のブログ記事は「長けりゃいいのか、ってか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.13