ビルマ(ミャンマー)の人だけではなく、ってか

このページをビルマ(ミャンマー)の人も見てくれているということで、
 もうひと言、つけ加えます。

 「ロヒンギャ問題」関して、私は、ビルマ(ミャンマー)の人だけに
 問いかけているわけではありません。

 例えば、日本にもミャンマー(ビルマ)研究者もたくさんいます。
 でも、この「ロヒンギャ問題」に関して、一般の日本の人に誤解を解くように、
 積極的に動いている研究者の人は極めて限られています。
 
 もちろん、複雑なロヒンギャ問題ですから、説明はビルマ(ミャンマー)の知識が
 少ない日本の人に説明するのは大変で す。
 それでも、ビルマ(ミャンマー)社会の成り立ちをある程度、説明出来ると思います。

 でも、日本の研究者の人もそれぞれ「事情」があり、立場があります。
 それを理解していますので、私は何もいいません(というか、いろんなことで私を
 助けてくれている研究者のセンセも多いです)
 
 だからこそ、失うモノがない(笑)<←かなり真実>私の立場から
 ビルマ(ミャンマー)の人に問いかけているのです。

 もしビルマ(ミャンマー)の人から私に、「もっとビルマ(ミャンマー)を理解している
 研究者に声をかけて『ロヒンギャ問題』を広めて下さい」って頼まれても、
 私は動けません。
 そういう意味で、私も弱いです。

 ただひと言いわせてもらえれば、おかしなことを言う日本の人や
 ビルマ(ミャンマー)のことで足を引っ張る日本の人には文句を言います。

このブログ記事について

このページは、Yuzoが2017年9月 6日 13:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラカイン人のことも、ってか」です。

次のブログ記事は「アウンサンスーチー氏批判について、ってか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.13