アウンサンスーチー氏批判について、ってか


 今回の「ロヒンギャ問題」で、単にアウンサンスーチー氏を、一方的に
 非難する論調が目立っています。

 そのようなことで、この問題が解決できるでしょうか。
 ロヒンギャ問題は、今に始まったことではありません。
 1970年代からずっと「続いていた」のです。

 その責を負うのは、軍事政権、今の政府、国際社会ではありませんか。
 もちろん、今、目の前で生命の危機に瀕する人をなんとかしようと努力する
 ことは、 最優先です。
 それでもこの問題をごちゃごちゃにしてはダメだと思います。

 例えば、「(ロヒンギャ・ムスリム)をミャンマーは受け入れるにはできない。」 
 と言う人がいます。
 でも、アウンサンスーチー氏は、市民権のある人はウエルカムと言っています。
 (BBCの動画ですが、その部分だけ切り取りました。
 編集はしていません。2017年4月放送)

 もし、ロヒンギャ・ムスリムを受け入れることができない、という
 ビルマ(ミャンマー)人がいたら、まず、このスーチー氏の対応をキチンと丁寧に
 批判しなければならないと思います。

 ビルマ(ミャンマー)の人によるスーチーさんへの批判や意見(非難では
 ありません)が必要だと思います。
 自分の社会が良くなるための批判や意見ならスーチーさんは喜ぶと
 思います(きっと)

 また、メディアのいくつかは、スーチーさんがこの問題に対して黙していると
 批判していますが、 きちんとした方向性のメッセージを出しています。
 それはメディアがそのメッセージを受け取れていないだけです。
 メディアもまた、自らの不十分さも反省する必要があります(自分も含めて)

 次にINGOの対応ですが・・・また次回に。


 クリックでビデオ再生(始まりまで数秒~数十秒)

このブログ記事について

このページは、Yuzoが2017年9月 6日 13:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビルマ(ミャンマー)の人だけではなく、ってか」です。

次のブログ記事は「在日ビルマ(ミャンマー)の人は今」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.13