ラカイン人のことも、ってか


 私はロヒンギャ・ムスリムだけの事を話題にするつもりはありません。

 ラカイン人の話もしようと思います。
 ロヒンギャ・ムスリムたちと同じように、バングラデシュのコックスバザールには
 ラカイン人たちが避難民として暮らしています。

 これもまた、ロヒンギャ・ムスリムたちと同じようにも、ラカイン人たちも
 軍事政権の迫害から逃げてきているのです。
 
 でも、多くのビルマ(ミャンマー)の人たちは、そのことを知りません。
 軍事政権の負の遺産は、否が応でも、今の政府がキチンと対応を
 しなければならないところがあります。
 
 まずはキチンと歴史を知る必要があります(これは、日本の人〈私を
 含めて〉も同じだと思います)

 だからこそ、冷静な議論が必要だと思います。


 (2012年、撮影 手前の人は編集しています)

このブログ記事について

このページは、Yuzoが2017年9月 6日 10:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ロヒンギャ問題」の原因、ってか」です。

次のブログ記事は「ビルマ(ミャンマー)の人だけではなく、ってか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.1.1